特許」カテゴリーアーカイブ

「請求項xに従属する場合の請求項yまたは請求項zに記載の〜」といったクレームについて

外内案件で、送られてきたクレーム案に以下のような記載がありました。 as claimed in any one of the preceding claims when dependent on claim 2 特許庁で … 続きを読む

カテゴリー: 知財, 特許 | コメントする

原文と翻訳文で明細書の段落番号を合わせる方法

外国語で書かれたPCT出願(外国語特許出願)を日本に国内移行する時、および、(典型的にはパリ優先権を使って)外国語書面出願を行った時には、原文に完全に対応している日本語翻訳文を提出する必要があります。ただし、段落番号は、 … 続きを読む

カテゴリー: 知財, 特許 | コメントする

【実務者向け】権利譲渡後の代理人受任届について

特許でも商標でも意匠でも代理人が法的な意味を持つのは設定登録までであって、それ以降は代理人がいてもいなくても法律的には影響ありません。ただし、特許庁のサービスとして、特許権等に無効審判等が請求された時には、まず代理人に連 … 続きを読む

カテゴリー: 意匠, 商標, 知財, 特許 | コメントする

USPTOの新検索システムは公報にパーマネントリンクが張れない?

USPTOが提供する特許検索システムは、今年の頭からPatFT(特許公報)、AppFT(公開公報)、そして、庁内部向けのPubEASTとPubWESTが統合されたPatent Public Searchというモダナイズさ … 続きを読む

カテゴリー: 特許 | 1件のコメント

ウクライナ問題でとんだ落とし穴(PCT-PPH)

米国の事務所から日本国内移行案件のPCT-PPHの依頼を受けました。国際調査機関の見解書では特許性ありの結果が出ていたので楽勝と引き受けたのですが、何と、国際調査機関がロシア特許庁だったので日本の特許庁ではPPHが受け付 … 続きを読む

カテゴリー: 特許 | コメントする