マイクロソフトはノキアを特許ごと買ったのか?

マイクロソフトがノキアの携帯事業を買収したというニュース、両社の距離は最近特に縮まっていたととは言えちょっとびっくりしました。マイクロソフト出身のスティーブ・エロップCEOがノキアからマイクロソフトに戻ることで、バルマーの後任になるのではなんて噂もあるようです。

ここでは、ノキアの特許資産について見てみましょう。マイクロソフトは携帯事業買収のために約40億ユーロ、特許に約16.5億ユーロ払っています。特許分が結構な割合になっています。

マイクロソフトがノキアの特許資産も買ったと勘違いしている人がいるようですが、そうではありません。グーグルが特許資産ごとモトローラを買った(正確に言えば特許資産ほしさにモトローラを買った)ケースとはちょっと違います。

マイクロソフトが16.5億ユーロで得たのはノキアの特許ポートフォリオの非排他的なライセンス(10年分ですが後に永続ライセンスに延長可)です。つまり、以下のようになります(契約で別途定めがあればこの限りではないですが)。

  • マイクロソフトはノキアの特許を自社製品・サービスで自由に使えます
  • マイクロソフトはノキアの特許を使って他社を訴えたり、ライセンス収益を得たりはできません
  • マイクロソフトはノキアの特許を売却できません
  • ノキア(残された方の事業)は自社特許をマイクロソフト以外の企業にライセンスできます
  • ノキア(残された方の事業)はマイクロソフト以外の企業に自社特許を売却できます(ただし、その企業が元ノキア特許を使ってマイクロソフトを訴えることはできません)

いろいろと金銭条件面での交渉があった上でこのような形に落ち付いたのだと思います。

時事通信の記事では「(MSが)ノキアが持つ通信関連の特許を囲い込むことも買収の目的とみられる」なんて書かれていますが、特許権を買ったわけではないので「囲い込む」というイメージとはちょっと違うと思います。

関連記事:

カテゴリー: 特許 パーマリンク

1 Response to マイクロソフトはノキアを特許ごと買ったのか?

  1. ピンバック: 2013-09-04のTwitterログ | 志の輪、広げよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です