【速報】東京地裁判決ではサムスンの特許侵害を認めず(ただし、とりあえずの1件のみ)

東京地裁でも進行中のアップルvsサムスンの特許訴訟ですが、サムスンの特許侵害を認めないという判決が出たようです(ソース:NHKニュース)。

しかしながら、今回の判決で対象になった特許は「メディア・プレーヤー・コンテンツとコンピューターの情報を同期化(シンクロナイゼーション)する方法」(おそらく、特許第4695653号)(12/09/05:すみません、判決文が出ましたがこれではなく、第4204977号でした)だけです。

これ以外に、カリフォルニア地裁ではサムスンの侵害を認める評決が出た「バウンスバック特許」に対応する日本国内特許(特許第4743919号)についても東京地裁で争われているのですが、この特許に関する判断はそもそも今回の判決の範囲外だったようです(ソース:朝鮮日報)。

ということで、まだまだ先はわからないということです。

しかし、裁判間連情報がすぐにオープンになる米国と比較して、裁判所に行って資料閲覧するか実際に傍聴しないと詳細がわからない日本はちょっと困ったものですね。

カテゴリー: 知財, 特許 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です