英国特許庁からの郵便物は一見詐欺っぽい

英国特許庁から郵便物が届きました。差出人欄にはIntellectual Property Office (Patent Officeの通称)しか書いてありません。最初に見たときは、たまにある公的機関をかたって根拠のない登録料金をだまし取る輩かと思ってしまいましたが、正式な郵便物です。内容はマドプロの指定が英国で受理されたという通知でした。

封筒にも中身にも英国を表す表記が全然ないのがびっくりです。UK Patent OfficeやBritish Patent Officeではなく、The Patent Officeが正式名称です。現代の特許制度の起源は英国なんだからわざわざ英国という修飾語を付ける必要はないということでしょうか?

ちょっと話は変わりますが、英国内の商標登録出願については、メールによる通知サービスがあり、英国外の代理人でも異議申立やステータスの変更についてメールで通知を受けることが可能になっています。マドプロ出願時に代理人のメールアドレスを登録しているのでそれを使えばいいのにと思いましたが、登録しました。一般に、マドプロで暫定拒絶が出ることなく登録されてしまうと、現地代理人がいない状態で登録されることになり、異議申立等があった場合の国際郵便での通知による信頼性と時間のロスが気になりますので、その対応だけのために現地弁理士に代理人になってもらうこともあると思いますが、英国についてはメール登録しておけばとりあえず安心かと思いました(もちろん、対応のためには改めて現地代理人を任命する必要があります)。

関連記事:

カテゴリー: 商標, 知財 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。