ひかり電話の落とし穴について

諸事情により事務所を移転する予定です。ネット回線もこの機会にフレッツ光マンションタイプからNURO光に変更しようと思いますが、そうすると、現在使っているひかり電話の番号が変更になってしまいます。これはひかり電話契約時にあまり認識していなかったのですが、いったんひかり電話を契約すると、同じ番号で通常の固定電話に切り替えることはできません。つまり、フレッツを解約すると電話番号を変えざるを得ないわけです。固定電話料金なんてたいしたことないのに節約しようと思ってひかり電話にしてしまってちょっと後悔しています。

とは言え、固定電話でコミュニケーションする相手は特許庁と電話営業の業者くらいしかないので、引越しのタイミングで通常の固定電話に切り替える予定です。

関連記事:

カテゴリー: 事務所運営 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です