事務用の椅子としてゲーミングチェアーは全然OK

事務用の椅子としてはオカムラのバロンを使ってきました。15万円くらいする高い椅子ですが、椅子はケチらない方が良いと言われたので。しかし、さすがに15年使うと座面がへたってきたり、肘掛のプラスチック部が剥がれてきたりで、そろそろ限界となってきました。修理すると5万円くらいかかります。また、ランバーサポートと腰当てのパーツがあるのですが、これが構造設計的に問題があるようで一番細い部分で2回続けて割れました。これも買うと1万円くらいします。修理代で新しい椅子が買えてしまうので、この機会に、ゲーミングチェアーを買ってみました。

ゲーミングチェアーのメーカーというとAKRacing、DXRacer、GTracingあたりです。この中で一番安いGTracingでも十分使えるというレビューもあったので買ってみました。Amazonで20,000円以下です。

自分で組み立てる必要があります。説明書には2人でと書いてありましたが、男性なら1人でも大丈夫です。1人だと座面を脚部に嵌めるのが大変と書いてある記事がありましたが(座面を抱えると脚部との結合部が見えないため)、座面を横にして脚部を嵌めてから全体を起こすようにすれば簡単です。

実際、使ってみると、ほどよい硬さとホールド感でなかなかナイスです。ビニールレザーの肌触りも冷房がガンガン効いたオフィスであれば全然問題ありません。オットマンが内蔵されているのが何気に便利でオットマンを出してフルリクライニングすると数分間仮眠するのに最適です(ソファで寝ると爆睡してしまうので)。

ということで、ゲーミングチェアはオフィスの作業用椅子としてはコスパ最高です。人にもよると思いますが、オカムラのバロン/コンテッサやアーロンチェアのようなメッシュタイプの椅子より座りやすくて疲れないと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です