悩ましい15インチノートPCの選択

家でウェブ閲覧や文書作成用に使っている7年選手のLenovo E540がそろそろ調子悪くなってきました。電源系が不安定なので修理しても結構な値段になってしまうでしょう。代替機を検討中ですが、帯に短し襷に長しで悩ましいところです。

条件はこんな感じです(そんな特殊な条件ではないですよね)。

  • 画面サイズ15インチ以上
  • 重量は重くてもよい(モバイル用は別にDell XPS13を使っているので)
  • ノングレア
  • iCore5以上
  • 8GB以上
  • SSD256GB以上
  • I/Oインターフェース充実
  • 10万円以下
  • 光学ドライブ不要
  • テンキー不要
  • HDD等換装可能であれば尚可
  • 打ちやすいキーボード(バックライト付き)

E540は無骨なマシンですが、上記条件をほぼ満たしており(キーボードにバックライトはないのが不便でしたが)、満足していました。ところが実際探してみると、最近のモデルでこういうのは少ないです。特に最も重要な要素である「打ちやすいキーボード」を満足している機種が少ないです。特に海外メーカーは元々の設計が英語キーボード用であるために、日本語キーボードが変に寸詰まりになったり、いかにも打ち間違いを誘発しそうな配列になっており、「あーこれ買ったらストレスたまりそうだな」というのが多いです。

たとえば、Lenovo S540。コストパフォーマンス抜群なんですが、¥キーとバックスペース(BS)キーが小さくてくっついてます。BSキーは最も頻繁に使うキーなので、これが小さいと入力ミス頻発するのが見えています。

もうひとつの例は、マウスコンピューターのX5-B。15インチでテンキーレスは希少なんですが、右上端のキーがBSではなくHomeなんですね。これ経験から言うとめちゃくちゃ打ち間違えます。

ということで、今までの検討のまとめです。

Lenovo E15
○ ほぼ条件を満たす、 電源入力がUSB-C
× 右側のキーが微妙に寸詰まり、SDカードリーダーがない
Lenovo E590
○ ほぼ条件を満たす、 電源入力がUSB-C 、CPUが前世代だけどE15より安い
× 右側のキーが微妙に寸詰まり、SDカードリーダーがマイクロSD専用
Lenovo S540
○ 安い
× BSキー周りが使いにくそう(この時点で検討対象外)
Lenovo C340
○ 安い、テンキーレスなのでBSキー周りはS540よりマシ、ペン対応
× 画面が光沢
富士通LIFEBOOK
○ キーボードがほぼ等幅で使いやすそう
× 予算オーバー
Surface Laptop 3
○ テンキーレス、キーボードほぼ等幅、画面の縦が長め(4:3アスペクト)
× 予算オーバー、BSキー小さい

とまあこんな感じでなかなかぴったりなのがありません。いっそのこと、損になるのは覚悟の上でE540を修理して使い続けようかとも思ったりします。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です