【小ネタ】孫社長がグーグルグラス対抗特許を出願?

Gizmodoに「グーグルグラスあやうし? 孫さんがすでに「眼鏡型表示装置」の特許を申請してた」なんて記事が載ってます。

話題になっている特許出願の出願番号は2010-203125です。ただし、出願人発明者はソフトバンクモバイルの社員の方で、出願人はソフトバンクモバイル株式会社なので、孫さんは直接は関係ありません。ゆえに、Gizmodoの記事タイトルの「孫さんが〜」はちょっとミスリーディングです。孫さん自身も何件か自身の発明を特許出願していますが(今、調べたら86件ありました)。この件については当てはまりません。

なお、この特許出願の出願日は2010年9月10日で権利にはなってません(そもそも、出願審査請求が出ていません)。出願審査請求は出願日から3年後(今年の9月10日)までに出せばよいので出願としてはまだ生きてます。

発明の内容は眼鏡型表示装置そのものではなく、顔認識、音声認識、自動翻訳を組み合わせて眼鏡型ディスプレイに表示するというアイデアです(下図は公開公報より引用)。もちろん、こうしたいという願望だけではなく具体的な実装方式も開示されています。これ以上の細かい話は、公報を読み込んでいる時間がないので、また別途。

キャプチャ

カテゴリー: ガジェット, 特許 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です