【小ネタ】ドクター中松の「ウデンワ」特許について

まさかの3連続でドクター中松間連小ネタです。

前回のドクター中松名義の登録商標の中の「ウデンワ」ですが、聞き覚えがあると思ったら、2003年のITmediaの記事で紹介されていた「発明」でした(参照記事:「ドクター中松、第4世代携帯電話を発明!?」)。要は腕に携帯を取り付ける器具の「発明」です。楽天でも販売中です。(というか、楽天内にドクター中松ショップがあったんですね)

携帯を手から一番遠いところに置くことで心臓への電磁波の影響を防ぐ(ペースメーカー使ってない人でも意味があるんでしょうか?)、携帯の紛失を防ぐ、バッグがなくても携帯が邪魔にならないなどの特徴があるようです。

なお、スマートフォン版の「スマ手」もあるようです(こちらも、まだ登録はされていませんが、商標登録出願済みです)。

さて、この「ウデンワ」ですが、商標登録だけではなくて、特許も成立しています(第3227362号)。発明の名称は「腕電話」です。

2012100319201041881020121003193246287599
(特許公報中の画像を引用)

元々は、「手甲に載せ手首に固定し得、且つ人体の熱が伝わる事を特徴とする電話」というクレームで、「人の体温でバッテリーを充電したり、バッテリーの持ちを良くする」などの効果も主張されていたようですが、最終的には、「左手(右手)を右方向(左方向)に曲げて右頬(左頬)に近づけた時に、送話口を口に近く、受話口が耳に近い位置とし、左右の手を使わずに迅速に通話が出来るように本体が少なくとも手首に固定され、且つ前記本体は手首部分から手甲方向に及んでおり、手首は自由に屈曲でき、前記手を顔に近づけると本体の送話口に近く、受話口が耳の近くにある事を特徴とする腕電話」というそのまんまのクレームになっています。

この特許、一度拒絶査定になってから不服審判が請求された結果成立しており、中松氏も苦労して成立させたようです。

しかし、それにもかかわらず、この特許は4年目の特許料が支払われていないために権利抹消されています。登録時に1年目から3年目の特許料支払いをするので、要は、最初の支払いをしなかったことになります。4年目の特許料は2万円くらいなのでさすがにお金がなくてというのではなくて、単に忘れてただけでしょう(今は自動振替ができるのですが、昔は自分で管理するしかなく、特許庁から支払時期の連絡等も来ませんので、代理人がいない場合は支払いを忘れることもあったと思います)。

さらに、ドクター中松氏の他の特許についても調べてみましたが、なんとそのほとんどが特許料未納により権利抹消になっています。何年か支払った後に未納になったのもあれば、「腕電話」のようにいきなり1回目から未納のものもあります。まあ、特許権が不要になったのであえて放棄するまでもなく、特許料を支払わないでおくというパターンはよくあるのですが、数が多すぎるのではと思います。

特許権が取れればそこで発明家としての目標達成で権利存続には興味がないのか、単に忘れっぽいのかのいずれかだと思いますが、もし後者だとするならば、特許料の納付を忘れない発明をすればいいんじゃないかと思います。

カテゴリー: ガジェット, 雑談, 特許 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です