【小ネタ】ナイスなキャラクターグッズをデザインした人は是非意匠登録出願も検討してみてください

twitterで提案されたネコ型デザインのスマートフォン用イヤホンジャックが、実際に商品化されることになったということで話題になっています(参照Togetter)。正直、実用性ゼロ(かえって使いにくくなると思われる)ですが、猫好きの人にとってはあまりにも魅力的なので結構人気が出るのではないかと思います。


出典:ねこむらおたこ様(@nekomura_otako)のtwitpic

私はこのデザイナーの方を知っているわけではないので、一般論として書くと、この手のグッズをデザインした方は是非、意匠登録出願を検討されるとよいかと思います。「意匠」とは工業デザインのことです。意匠登録すると特許と同じようにその工業デザインの製造・販売等の権利を最大20年間独占できます(他者の製造・販売等を差止めできます)。美観を提供すれば良いので、特許とは異なり何の役に立たなくてもかまいません。ただし、特許と同様に、既に世の中で知られているデザイン、および、知られているデザインから容易に思いつくようなデザインは意匠登録できません。また、デザイナー自身が公表した場合は、公表から6ヶ月以内に出願すれば大丈夫です(特許法も改正によりこれと同じルールになりました(参考ブログエントリー))。

既に意匠登録されているネコ関係グッズがないかと探してみたところ、以下のような文鎮セットを見つけました(意匠登録1336459, 1336460, 1336461)。3つの文鎮がケースにうまく収まって猫好きにはたまらない状態になるのが特徴です。実際に商品化されているかどうかはわかりませんが、もし商品になっているのであればちょっとゲットしたい気もします。

20120423105551186200

通常、意匠登録出願にはAutoCAD等で作成した図面(六面図)が必要になるのですが、この手のキャラクターグッズの場合には現物の写真でも大丈夫です。ただし、色や模様が付いているとそれによる限定がかかり権利範囲が狭くなるので、できれば色塗り前の状態で写真を撮ることをお勧めします。現物の提供で写真・図面に替えることも可能ですが厚さ7mm以内に収まらないといけないのでキャラクターグッズの場合はちょっと難しいかと思います。

【以下宣伝】テックバイザーでは意匠登録出願の代理もやっています。一番手間がかかるのは図面、写真の作成なので、逆に、図面、写真をご提供いただけるのであれば、かなり魅力的な料金で出願代理可能です。詳しくはお問い合わせください。

関連記事:

カテゴリー: 知財 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です