【お知らせ】日経BPのMDMセミナーで講演します(6/2)

6月2日に行なわれる日経BP社主催「マスターデータマネジメント・カンファレンス2009会社を強くする新データ管理手法?戦略的情報活用セミナー?」(長い)で講演します。場所は青山ダイヤモンドホール。入場無料です。詳細はこちら

MDM(マスターデータマネジメント)とは企業内に存在する多様なマスターデータベースの中身の標準化や同期を行なう取り組みやテクノロジーのことです。地味ではありますが企業ITの最重要部分です。はるか昔から企業が取り組んできたにもかけわらず、なかなか決定的な解決策がない「永遠の課題」的なトピックでもあります。

およそ30年前、私が日本IBMの新人SEとして研修を受けていた時にも、「企業内のデータの標準化を行なうためにデータ・ディクショナリを構築しましょう」みたいなことを習ったのを覚えています。当時は、「なんでそんなものが必要なの?そもそもデータを標準化してそれに基づいて設計するのがデータベースではないの?」と大学の情報工学の授業レベルの知識で考えていたものでした。

当然ながら、現実の情報システムでは、完全な標準化を行なってそれに基づいてすべてのシステムを作るというような理想は実現不可能です。かといって、各アプリケーションが勝手にやっていたのではカオスになるだけです。この理想とカオスの間の現実的な解決策を見つけることこそが、MDM(というよりもあらゆるシステム統合プロジェクトの)ポイントです。適切な妥協点を見つける上での勘所についてお話しする予定です。

他には、IBM、インフォテリア、オラクル、P&G、大日本印刷の講演者が話されます。私としては、P&Gというグローバルな企業の品番管理はどうなっているか(国ごとに製品体型が異なったり、中身は同じで名前が違ったり、名前が同じでも中身が違ったりすると思うので)が特に興味あるところです。

関連記事:

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です