月別アーカイブ: 2015年4月

コルビジェのジェネリック家具は著作権的にどうなのか?

「そもそもXは著作物なのか」というのは著作権がらみの裁判でよく論点になります。特に、実用目的の大量生産品が著作物になるのかが問題です。大原則は、著作権は芸術作品を保護する法律であり、大量生産品は意匠権で保護すべきというこ … 続きを読む

カテゴリー: 意匠, 著作権 | コメントする

「色彩のみからなる商標」出願一番乗りはあの会社のあの色

商標法の改正により2015年4月1日から音の商標、色彩のみから成る商標等のいわゆる「新しいタイプの商標」が出願できるようになったのは既に何回も書きました(1,2,3,4,5)。出願一番乗りグループについては既に公開公報が … 続きを読む

カテゴリー: 商標 | コメントする

Googleの「性格ダウンロード特許」について

「故人を“再生”できる…「性格」ダウンロード技術、グーグルが特許」なんてニュースがありました。 人格データをクラウドからダウンロードしてロボットに吹き込むことによって、亡くなった親族や有名人の「性格」を持つロボットが身近 … 続きを読む

カテゴリー: 特許 | 1件のコメント

Apple Watchがスイスで当面販売できないという報道について

iPhone Maniaという媒体に「アップル、スイスでは商標権からApple Watchは当面販売できない」という記事が載ってます。 「高級腕時計の生産で有名なスイスでは、1985年に取得された知的財産権が問題となり、 … 続きを読む

カテゴリー: ウェアラブル, 商標 | コメントする

芸人の一発芸を商標登録することはできるのか?

今までも何回か書いている音の商標の件(過去記事1、過去記事2)、一般メディアでも数多くカバーされています。たとえば、産経新聞の記事では以下のような記載が見られます(この「知財専門家」とは私のことではありません)。 音の商 … 続きを読む

カテゴリー: 商標 | 1件のコメント