Windowsにおけるフォントの選択について

MSゴシックやMS明朝等のWindowsの伝統的フォントは汚くて萎えますよね。この点ではMacに大きく遅れを取っていると思います。メイリオや游ゴシックなどのモダンなフォントにすると大部マシになります。パワポのプレゼンやお客様に出す印刷物にモダンなフォントを使うだけでもプロフェッショナル度がかなり増します。

作業中のWord文書等でも、モダンなフォントで使うことで仕事のやる気が増す気がします(私はWordのテンプレートを書き換えて全部メイリオになるようにしてます)。個人的には、游ゴシックよりもメイリオの方が好みですが、游ゴシックですと、メイリオではできないイタリック体が使えるという優位性があります(日本語で文字修飾にイタリック体を使うのはデザインセンスとしてどうかという問題はありますが)。

モダン日本語フォントに共通するちょっと困った点として、数字の半角と全角の区別が付きにくいということがあります(文字列のプロポーションが美しくなるように間隔が最適化されているのでしょうがないですが)。特に明細書を作成するときは、121のように数字の半角と全角が混在してしまうとかっこ悪いので、最後にに全文MSゴシックで表示し直して半角・全角をチェックするようにしています。

また、Wordでメイリオや游ゴシックを使うと妙に行間が空いてしまい、段落の行間隔の設定でも直せないことがあります。これは、レイアウト→ページ設定のダイアログ→文字数と行数の指定で「標準の文字数を使う」を選択すると直ります。これに限らず、マイクロソフト製品のUIって非直観的で「わかるかー!」ってやつが多いですね。

関連記事:

カテゴリー: 雑談 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です