2014年を振り返りつつ2015年の抱負など

旧年中は多くの方にお世話になりました。いろいろやり過ぎて収集が付かなかった年であった気がします。2015年の課題は”フォーカス”ということになろうかと思います。

2015年の仕事のフォーカスは以下に置いておこうと思います。

まず、弁理士の基本的業務である特許関連です。2014年は出願代理を結構な数やりました。個人事業主、スタートアップ企業、中堅企業のお客様のソフトウェア関連特許が中心です。自分の今後の軸足はここにおいて行こうと考えています。ソフトウェア領域のドメイン知識、海外出願まで含めたカバレッジ、そして、合理的な料金体系を差別化要素としてやっていこうと思います。

商標関連の仕事は国内のシンプルな案件と海外も含めた複雑な案件を両方やりました。海外商標は国ごとの独自性があるのでなかなか大変でした。シンプルな案件はできるだけお安く、海外を含む複雑な案件は合理的な料金というデュアルの料金体系でやっていきたいと思います。

特許でも商標でも、お手頃な料金で、信頼がおけて、仕事が早い(これ大事)海外代理人を主要国で確保できましたので、今後の海外展開は期待が持てそうです。特に、AppStore経由で販売するソフトウェアに関する特許等の場合では米国で権利取得しておくことが重要なので、比較的安価に対応できる事務所は貴重ではないかと思います。

特許調査や侵害訴訟のお手伝いは、仕事の性質上ブログには絶対書けませんがいろいろやってきました。特に一昔前の技術常識を調べるというようなパターンのリサーチは得意としております。

IT業界アナリストとしては、IoTやウェアラブル等のエマージングな領域に軸足を置いていこうと思っています。これらの分野は特許系の仕事との親和性も高いので、効率的なリサーチができます。

その一方でサーバやDBMSなどのいわゆるエンタープライズ系はちょっと軽めにしていこうと思います(というか、これらの領域までカバーしている時間がありません)。唯一の例外はストレージ系で特にフラッシュを中心としてテクノロジーの急変が進んでいますし、案件もそれなりにあったりするので、2015年も継続的にリサーチしていこうと思います。

ということで、

  1. スタートアップ向けソフトウェア関連特許出願(海外含む)
  2. 商標登録出願(シンプルな案件も複雑な案件も)
  3. 特許調査/訴訟支援(ソフトウェア関連特許)
  4. IoT/ウェアラブル
  5. ストレージ

を2015年のフォーカス領域として鋭意努力していきたいと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。

関連記事:

カテゴリー: お知らせ, 業務連絡 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です