【速報】グーグルがモトローラ事業をレノボに売却(特許資産はキープ)

レノボがIBMのPCサーバ事業をを買収したと思ったら、今度はグーグルからモトローラ事業を買収です(参照記事)。グーグルは2011年にモトローラ事業を1兆円(今のレートだと1.2兆円)で買って3000億円で手放したことになります。

しかし、グーグルは携帯電話事業は手放しても特許ポートフォリオの大部分は維持するようです(参照記事)。約24,000件の特許資産のうち、レノボにも約2000件の特許権が譲渡されるようです。おそらく、携帯電話の製造等に直接関わる特許権(レノボにとっては必須だがグーグルは持っていてもしょうがない特許)なのではないかと推測します。また、商標権もレノボに譲渡されるようですがこれも当然です。

グーグルとしてはモトローラ買収のもともとの目的が特許資産の入手だったので今回の売却も想定内の行動だったのではないかと思います(TechCrunchの記事によるとずっと売りたかったけど税法上の理由によりすぐには売れなかったそうです)。旧世代の製造業を所有していてもグーグル的にはあまりメリットはありません(参考ブログ記事「「MotorolaにはGoogleだったら絶対採用しなかったであろう社員があふれている」:問題山積みのGoogrola」)。さらに、Androidのエコシステムという観点から言っても、Googleが携帯ハードウェア事業を維持しているのは事態をややこしくします。

と言いつつ、グーグルにとってモトローラの特許資産が本当に有効だったかどうかも微妙なところでもあります(参考ブログ記事「高い金で買ったMotorolaの特許が無駄になりそうでGoogle涙目(たぶん)」)。ただ、少なくともクロスライセンスにおける交渉材料としては有効かもしれません。

とまあ紙上で書いている分には合理的行動なのですが、1兆円で買ってすぐ3000億円で売る決断を下せるグーグルの意思決定能力はすばらしいと思います。

カテゴリー: モバイル, 特許 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です