【小ネタ】中国でのiWatch商標が予想通りの状態に

わざわざ書くほどでもない話なので小ネタ扱いにしますが、容易に予想できるように中国では既に数多くのiWatch商標がアップルではない企業の名義で登録されています(参考記事)。

image

上は中国商標局の商標検索サイトの画面イメージなのですが政府公式のサイトであるにもかかわらずGIFアニメーションが多用されていて怪しさ全開です。

(既に取消になったものも含めて)全部で15件登録されています(中国では日本と異なり区分ごとに登録される点に注意)。アップルの商標登録に影響を与えそうな9類(コンピュータ関係)と14類(時計関係)だけについて見てみましょう。

これらは結構前から出願されているのでジャマイカ出願に優先権主張しようがしまいが関係ないレベルです。

一番初期のものは1999年に出願されています(既に無効になっています)が、これはアップルの製品とは直接関係ない偶然の一致でしょう。2008年から2009年くらいに出願されているものが結構ありますが、これはネット上でアップルのiWatchが噂され出した時期に一致していると思われます。

中国では(日本も同様ですが)商標を連続して3年間使用していないと他者の請求により取り消され得ます。これらの出願の一部は取消しになっていますがこの不使用による取消と思われます。

それでも数件(9類で2件、14類で1件)まだ生きている商標権があります。アップルのダミー会社が権利者という可能性もないことはないですが、iPhoneやiPadに引き続き一悶着あるかもしれません。

これは、「i+普通名詞」という誰にでも予想がつくネーミングスキームを使っている以上避けられない問題です。今までにない造語を商標にすれば悩みもないのでしょうが、それをしないのがアップルなんでしょうね。

カテゴリー: 商標 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です