【週末ネタ】そろそろ老眼来てる方におすすめですハズキルーペ

ブログ更新が滞っていてすみません。訴訟系の仕事の手伝い等をしていてちょっと多忙でした。また、定期的に更新するようにします。と言いつつ、まずは仕事に直接関係ない週末ネタです。

人間には絶対に逃れられないものが三つあると言われています。死と税金と老眼です。私も最近はかなり老眼が厳しくなってきました。PC画面や電子書籍であれば字をめちゃくちゃでかくすることで対応できますが、紙の本や資料は困ってしまいます。特に、法律系の書籍は妙に字が細かいのが多いんですよね。また、特許公報等のただでさえ字が細かい資料をA4横の2カラム形式で印刷されたりするとかなり厳しい状況になります。がんばって読んでも目や肩が疲れて読書が長く続けられなくなります。読書量が減るのは弁理士およびITアナリストとして致命的なので絶対に避けたいですね。

私のような近眼の人にとっての一般的な老眼対策は遠近両用メガネですが、行きつけの眼科医の話では、PCを多用する人にはめちゃくちゃ目が疲れるのでお薦めしないそうです(ちょうど「遠」と「近」の境目を多用することになるからでしょうか)。それよりも近眼の度を落としたメガネを作った方がよいそうです。これについては、今度暇が出来たら眼科で検眼して作ってみようと思います。

それとは別のアプローチしてルーペも使っています。めちゃ字が細かい資料の場合は適切なメガネを使ってもどっちにしろ見にくいのでルーペはあった方がよいです。カマボコレンズのやつとかカード式ルーペなどをカバンに入れて携帯しています。便利ですが、これでずっと読書とするという感じではないですね。

loupe1

ということで読書用に、普段のメガネの上にかけられる「ハズキルーペ」とい製品が評判良いようなので買ってみました。メガネの上からゴーグルみたいにかけられます。老眼鏡でもOK。メガネ使ってない人はそのまま使えます。ルーペの倍率はたかだか1.6倍ですが、かなり字が見やすくなります。読書だけではなく、プラモ作りだとか半田付けのような細かい作業にの便利そうです。ただし、被写界深度がめちゃくちゃ浅いので手元以外はボケボケになります(かけたまま歩くことはほぼ不可能です)。

loupe2

ちょっとお高いのですが、読書量が多い人、細かい作業をする人で、そろそろ老眼来てるかなという人は是非試してみるとよいのではと思います(メガネ屋の店頭でも試せるところがあるようです。)

カテゴリー: 雑談 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です