実用新案は金の無駄か?

Googleで「実用新案」をキーワードにして検索すると「実用新案は費用の無駄」と主張する特許事務所のサイトがトップに表示されたりします。もちろん、無審査登録なので特許ほどの価値はないですが本当にそうでしょうか?

模倣品を製造販売しようとする競合他社が、その製品が実用新案登録済であることを発見した場合、以下のオプションが取れるでしょう。

1.無視する
2.技術評価を請求する
3.無効審判を請求する

いずれもリスクを(そして、2と3では費用を)伴います。万一、2か3のオプションを取って新規性・進歩性ありの結論が出てしまえば、金を使って他人の権利にお墨付きを与える結果になってしまいます。そのリスクを嫌って、丸パクリはやめるように方針転換する可能性もあります。

競合他社がリスクを取ってでも権利を無効化する決意がある場合、あるいは、当該考案が明らかに新規性・進歩性を欠く場合は別として、一定の抑止効果はあります。

また、 実用新案登録に基づく特許出願という手段もあります。 まずは、実用新案で早期に権利化しておいて、競合他社を牽制しつつ、市場の状況を見つつ特許化するという戦略も取り得ます(この場合の実用新案の価値としては費用の安さよりも早期の権利化ということになるでしょう。

実用新案登録するなら意匠登録出願した方がよいという話もありますが、当然ながら、意匠登録は特定の工業デザインを保護するものなので、技術的アイデア(考案)そのものを保護できるわけではありません。外観を変えてしまえば容易に回避されてしまいます。仮に、特定の考案を実現するために不可欠な形状を意匠登録出願すると「 物品の機能を確保するために不可欠な形状のみからなる意匠 」(5条3項)として拒絶になってしまいます。実用新案と同時にその特定の工業デザインを意匠登録出願するのならわかりますが、実用新案の代わりに意匠登録出願を行なうことが有効なケースがそう多いとは思えません。

カテゴリー: 意匠, 実用新案, 知財 | コメントする

出願人住所と法人登記簿の関係について

特許等の出願人の住所は建前上は法人登記簿の記載に合わせることになっていると思いますが、実際は、登記簿上はビル名なし表記、出願人住所はビル名あり表記といった状態になっているケースも多いかと思います。

このような状態でも、日本の特許庁の運用では住所は実質同一であればよく、あまりうるさいことを言われないので問題はほとんどないと思いますが、海外では必ずしもそうとは限らないので注意が必要です。

先日、韓国にPCTで移行した特許出願が登録になったのですが、出願人住所が変更になっていたので住所変更手続を合わせて現地代理人に依頼しました。その際に法人登記簿の提出(スキャンコピーで可)が必要だったのですが、出願上の住所がビル名あり表記、登記簿上の旧住所がビル名なし表記だったので一致しないということで、手続却下になってしまいました。これを回避するために公証済の住所変更依頼が必要となり、公証人料金が余計にかかることになってしまいました。

ということで、出願人住所は登記簿表記に厳密に合わせておいた方が無難ということになります。

カテゴリー: 意匠, 商標, 特許 | コメントする

PowerPointからIllustratorに綺麗にコピペする方法

弊所では特許図面の作成はAdobe Illustratorを使ってます。ややこしいのは業者さんにお願いしますが、簡単な図は自分で作ってしまいます(業者さんとやり取りするよりもその方が早い)。Illustrator は、ペンツールにちょっと慣れが必要ですが慣れてしまうと綺麗に速く作れます。

クライアント様から図面を頂くときは意匠案件でもない限り、
Illustrator でもらえることはまずなく、PowerPointというケースが多くなります。ポンチ絵レベルなら Illustrator で最初から作ればよいのですが、
PowerPoint から変換したいケースもあります。しかし、複雑な図をPowerPointから Illustratorに単純にコピペしただけだとエラーになってうまくいかないことが多いです。

最近、PowerPointをいったんPDFファイルで保存して、PDFをIllustrator で開けば綺麗に変換できることがわかったので重宝しています。
Illustrator 使いの人にとっては常識かもしれませんが。

カテゴリー: 雑談 | コメントする

特許料納付用のクレジットカードについて考える

4月から特許料等がクレジットカードで支払い可能になります。資金繰りが多少良くなりますし、残高不足の事故もなくなりますし、ポイントもたまるのでうれしいですね。

個人使用のクレジットカードを使うと経理処理が煩雑になりますし、限度額の問題も生じるので、特許料専用のクレカを新たに作ろうと思ったのですが、三井住友カードでは引き落とし銀行口座が屋号付(営業性個人)だとダメみたいです。楽天カードも同様でしたので、個人向けカードはみなそうなのでしょう。

法人カードにすればよいのですが、そうすると年会費がかかってしまいます。年会費かからない法人カードもあるようですが、それはポイントが貯まりません。

結局、個人名義で特許料専用の銀行口座を三井住友に新たに作ってそこを引き落とし口座とした楽天カード(ポイント的にお得ぽいです)を作ろうと思います。三井住友銀行どうしの送金はネット振込だと手数料がかからりませんので必要に応じて残高を移しておけば良さそうです。

網羅的に調べたわけではないですが、ご参考まで。

カテゴリー: 知財 | コメントする

Yahoo! ニュース個人に書いた記事の2018年度アクセストップ10

知財ニュースネタはYahoo!ニュース個人に、実務上の細かい話は本ブログにと切り分けて書いていますが、本ブログの更新が滞り気味ですみません。今年はもう少し頻繁に書くようにします。

埋め草ではないですが、Yahoo!個人の年初記事として、私が2018年にYahoo!ニュース個人に書いた記事のアクセス数トップ10について書いたのを、本ブログにも再掲します(アクセス数そのものは社外秘ですが、ランキングは問題ないとの回答をYahoo!編集部より得ております)。

本業が多忙、自分が当事者として関係している、アクセス数が見込めなさそう(笑)等の理由により重要性が高くても記事化できなかったニュースもあります。また、Yahoo!編集部がピックアップ記事にするかどうか、記事化のスピード、他媒体のカバー状況、等でアクセス数は大きく変わるので、これが2018年の知財10大ニュースというわけではありません(それはまた別記事でカバーしたく思います)。

1位:「キリンラーメン」に関する大人の事情について(2018/5/29)

ありましたねー。他媒体がカバーしていなかった不使用取消の件を持ち出したのがアクセス数が伸びた理由ではと思います。その後、キリンラーメン側は名前をネット投票により「キリマルラーメン」(キリ○ラーメン)に変更するという、なかなかうまい解決策を取りました。

2位:任天堂が対コロプラ特許侵害訴訟で使った特許番号が明らかになったので中身を解説します(前半)(2018/2/19)

3位:任天堂がコロプラを訴えた根拠となった特許の番号を推理する(2018/1/11)

任天堂vsコロプラ関係は5位にも入っていますのでトップ10に3つ入ったことになります。任天堂の特許群は、テクノロジーの潮の変わり目で強力なアイデアを着想し、広い範囲で権利化するという特許戦略のお手本のようなものでした。訴訟は継続中ですが、コロプラ側は仮に一部で請求棄却にできても、すべてで勝利することは難しいでしょう。任天堂恐るべしが印象に残りました。

4位:「カメラを止めるな!」は著作権侵害か?(ネタバレなし)(2018/8/23)

話題の映画だったのでアクセス数が伸びました。敢えて「ネタバレなし」と明記したのは、一部スポーツ新聞等の報道が思いっきりネタバレしていたことへの当てこすりです。設定の類似は著作権侵害を問いにくいパターンとは思いますが、当事者間の協議は米国の超大手弁護士事務所を入れてまだ進行中のようです(参考記事)。

5位:任天堂が対コロプラ特許侵害訴訟で使った特許番号が明らかになったので中身を解説します(後半)(2018/2/19)

上で書いたとおりです。

6位:「そだねー」商標登録出願の行方について(2018/3/23)

ありましたねー。この記事を書いた後、北見工業大学生協が先願であったことが明らかになりましたので、六花亭の出願はどちらにしろ拒絶になるものと思われます。ただし、個人による飲料を指定商品としたもっと前の出願もありますのでどうなるかはわかりません。これらの出願はいずれもまだ審査中です。

7位:リツイートするだけで身元が他人に知られるリスクがあることを示した知財高裁判決(2018/6/13)

ツイッターにおいてCSSで画像がトリミング表示されることが写真の著作物の同一性保持権侵害にあたるとした意外な判決です。画像表示時のトリミング処理はネットで頻繁に行なわれていますので影響力大きいと思います。

8位:特許庁が「ブラック・サバス」は日本では著名ではないと判断(2018/11/1)

エンタメ・カテゴリーに書いたこともあり、思ったよりバズりました。釣りタイトルで「特許庁けしからん」と思った方がいたようですが、実は、ブラック・サバス側(オジー・オズボーンとトニー・アイオミ)の利益になる大岡裁きだったように思えます。年末に関連記事を書いています。

9位:堂本剛氏の商標登録出願について(2018/3/27)

KinKi Kidsの堂本剛さんが事務所名義ではなく個人名義で商標登録出願していたという話(現在まだ審査中です)です。珍しいパターンですが、個人で出願した事情については不明です。

10位:お菓子形状の立体商標登録について:「きのこの山」はなぜすごいのか(2018/5/11)

商品形状をそのまま立体商標登録するのはハードルがきわめて高いという話です。なお、この記事公開後に「たけのこの里」も同じく立体商標登録出願されていますがまだ審査中です。商品形状そのままで立体商標登録というパターンは、これ以外にも、キッコーマンの醤油瓶やソフトバンクのpepperなどがありました。

==

個人的には、「いきなり!ステーキ」の特許の件ですとか任天堂vsマリカーの訴訟の件も重要と思いましたが、前述のとおりアクセス数には多くの要因が影響を与えますのでしかたががありませんね。

今年もソフトウェア関連特許と商標を中心に弁理士活動を続けていきますのでよろしくお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ, 知財, 未分類 | コメントする