【お知らせ】特許出願の審査請求料金引き下げについて

特許権取得に至るまでに必要な費用の中で結構大きいものに出願審査料金があります。日本の特許制度では出願するだけでは形式的なチェックしか行なわれず、実体審査は出願審査請求を待って行なうことになります。そして出願人は出願審査請求の際に審査請求料を支払いますが、これが20万円近くと結構な金額でした(審査請求により特許庁での審査ワークロードが発生するのはしょうがないですが)。

政令の改正により、8月1日より出願審査請求料が約25%値下げされることになりました(経産省のニュースリリース(PDF))。どんなに弁理士ががんばっても、あるいは、自分で出願しても審査請求料金はかかりますので、この値下げは大きいですね。

先日SlideShareにアップした特許制度の入門のスライドもこの料金引き下げを反映して更新しています。

現在の日本の特許政策においては、特許出願数が激減していることが問題となっています。弁理士業が厳しくなる以前に、日本の国際競争力という点でも問題です。特に、中国に抜かれて出願件数世界2位の座を明け渡したというニュースは政府的にもかなりショックだったのではないでしょうか?

料金を引き下げれば単純に出願件数が増えるというわけではないと思いますが、特に個人発明家やベンチャー企業の方にとっては朗報だと思います。

カテゴリー: 特許 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です