外国語特許出願の34条補正翻訳文提出手続備忘録

外内でPCT出願の34条補正翻訳文を提出する手続が続いたので自分用の備忘録として書いておきます。

1.どういう手続か?

PCT出願の国際段階でした34条補正を日本国内移行出願に反映させる手続です。19条補正の場合は、補正後の翻訳文のみを提出して国内移行すればよいのですが、34条補正の場合は、PCTの原文どおり(または19条補正後)の内容で翻訳文を提出した後に、補正の翻訳文を改めて提出することが必要です。

2.いつまでにやるか?

国内処理基準時までに行う必要があります。

細かい点として、故意でない期限徒過の制度を利用して国内書面(と翻訳文)を提出した時には、国内書面を出した時には既に国内処理基準時を過ぎていますので、34条補正翻訳文を提出する機会はありません(特許庁確認済)。この場合でも、34条補正と同様の補正を通常の国内出願の自発補正として行えば良いので特に問題はありません。

3.どうやってやるか?

「特許協力条約第34条補正の翻訳文提出書」でインターネット出願ソフトで提出します。形式は通常の手続補正書と類似ですが、補正の根拠(新規事項追加でないこと)を(上申書ではなく)【その他】欄に書く必要があります。34条補正を行った時に補正の根拠が出願人(現地代理人)により書かれているはずですが、34条補正の内容は最先出願日から30カ月は公開されません。翻訳文提出特例期間が適用されている場合はPatentScopeで見ればよいのですが、そうでない場合は、国内処理基準時(34条補正翻訳文提出〆切)までPatentScopeで見ることはできませんので、補正の根拠情報は現地代理人から直接入手する必要があります。

4.やらないとどうなるか?

34条補正の翻訳文を提出しなくても特にペナルティはなく、34条補正がないものとされるだけです。後で国内段階で自発補正しても同じです。マルチマルチ従属クレームの手当等が必要な場合は自発補正でまとめてやった方が楽かもしれません。

5. 国内自発補正ではなく34条補正として行う意味は何か?

これは特許庁に聞きましたが、条文の説明が返ってくるだけで、具体的な答は得られませんでした。自分として考えているのは以下の2点です。

①補正の内容が新規事項追加を問われそうなものである場合、34条補正であれば、国際段階で一度認められていれば、その後、原文新規事項により拒絶される可能性はまずないのではないか?一方、国内で自発補正をすると、通常どおり、新規事項追加がチェックされてしまう。

②権利化を急いでおり、かつ、34条補正でクレーム数が激減している場合、34条補正翻訳文提出後に審査請求すれば減少後のクレーム数の料金で済む。国内自発補正として行うと、減少前のクレーム数で審査請求しなければならず料金が無駄。

カテゴリー: 知財, 特許 | タグ: | コメントする

移転登録済通知書をPDFでもらう前提

先日、特許庁から「折曲禁止」と朱書きされたA4サイズ封書が届きました。特許証等は既にPDF化されていますので何だろうと思って開けたら、商標の登録移転済通知書でした。今まで三つ折りで送られきてた書類が何で「折曲禁止」なのかと思いましたが、たぶん、封筒を使い回しているだけでしょう。

そして、ここで生まれる第2の疑問は何故PDFで届かないかです。特許証等は既にPDFでもらっています。特許庁ウェブサイトの当該ページをよく見ると「※移転登録済通知をオンラインで受領希望の方は、提出する申請書に申請人又代理人の識別番号を記載することが必須です。」と書いてあります。登録系のシステムから審査系のシステムにつなぐために必要なんでしょうか?それくらい調べてくれないものかとは思いますが。

元々、登録済通知書はスキャンしてPDF管理していたので特に問題はない(強いて言うと特許庁からの通知タイミングが遅くなるという弊害がある)のですが、登録系のテンプレを全部直しておきました。

カテゴリー: 意匠, 実用新案, 商標, 知財, 特許 | コメントする

4月以降も特許証を紙で入手できる良い方法を考えたと思ったのですが..

2023年4月から特許証(登録証)を含むいくつかの書類がオンライン発行となり、原則的には、紙で発行されなくなります(参照特許庁ページ)。特許証はあってもなくても権利には関係ないですし、諸外国でも紙では発行されなくなっている国がほとんどになってきたので必然的な動きかと思います。しかし、やはり、クライアントの中には、応接室に飾る等のために紙の特許証や登録証が欲しいという方もいらっしゃると思います。

4月以降もオンライン発行ではなく、紙での発行を指定することも可能ですが、そうすると特許証だけではなく、年金領収書、商標更新申請登録通知、移転登録済通知、識別番号通知等の他の書類も紙での発行になってしまいます。管理を考えると、これらの書類はオンライン発送にしたいですね。要は、特許証(登録証)だけは紙(または、紙+PDFで)、それ以外の書類はオンラインで送ってもらうようにしたいのですが、そうはできません。

ここでちょっとアイデアを思い付きました。特許料(登録料)の納付は誰でもできます。そして、特許証(登録証)は納付者に送付されます。ゆえに、弁理士の識別番号の代わりに個人としての識別番号を取得し(実際私も個人の識別番号持ってます、弁理士本人が出願するパターンではこうしろと特許庁に言われました)、そして、個人としては紙での発送を指定し、特許料(登録料)の納付手続だけ個人(非弁理士)の識別番号でやればよいのではないかと。

特許庁に確認しましたが、確かにそうなることはなるのですが、そもそも、弁理士であっても非弁理士の識別番号を使って業として他人の特許料納付を行うと弁理士法違反とのことです。

ということで、どうしても紙で欲しいというお客様には、別途費用を取るなりして印刷してあげるしかなさそうです。

カテゴリー: 意匠, 事務所運営, 実用新案, 商標, 特許 | タグ: | コメントする

インターネット出願ソフト用マイナンバーカード電子証明書更新における注意点

インターネット出願ソフト用の電子証明書はマイナンバーカードのものを使っています(関連過去記事)。無料なのと更新が5年に一度なのが便利です。ICカードリーダーが必要ですが、e-Tax用に買ってあった物を流用しています。細かい話ですが、使っている定番のリーダー(NTT-Com SCR3310のOEM品)がサポート切れになっていますが、Win11でもちゃんと動きます。

その5年ごとの更新時期が来ました。更新期日の3カ月前になるとインターネット出願ソフトのログイン時(および特許庁との送受信時)に警告が表示されます。また、役所からも通知の郵便物が来ます。

更新は居住する自治体の役所で行なう必要があります。勤務先で昼休みにちょっと更新なんてことができないのでちょっと不便です。更新はカードだけ持っていけばできます(通知の郵便物、身分証明書等は不要)。暗証番号とパスワード必要ですが、それは、インターネット出願ソフトのログイン時に毎日入力しているので忘れるわけもありません。

役所での更新手続自体はすぐに終るのですが、その後、インターネット出願ソフトを使用するときに、改めて利用者登録手続(電子証明書の追加)が必要になります。インターネット出願ソフトにログインすると指示が出ます。平日の午前中に手続してもその日の18時にならないと追加されません(追記:という旨のメッセージが出ましたが実際には13時には有効になっていました)。ということで、電子署名書更新後すぐに何かの手続が必要といったパターンの場合は注意が必要かと思います。

カテゴリー: 事務所運営 | タグ: | コメントする

キーボードをエレコムの激安(1500円)にしたらめちゃ快適に

商売柄1日の大半をキーボードを打って過ごしていますので、キーボードは大変重要です(まさに、「馬の鞍」のような存在です)。

仕事用のキーボードはここずっと東プレのテンキーレスを使ってました。キータッチがやや軽いような気がしますがまあ満足しています。ちなみに、HHKB(Happy Hacking Keyboard)はキータッチは良いのですが、自分はカナ漢変換にPFキーを多用するタイプなので、独立しており、かつ、4つごとにブロック化しているPFキーがあるモデルじゃないとダメなので検討対象外です。

東プレは特に問題なかったのですが(黒モデルなのでキートップの文字が剥げて見にくくなってきましたがどっちにしろブラインドタッチなので関係ない)、机上がとっちらかるのを避けるためにワイヤレスキーボードが欲しくなってきました。

東プレのワイヤレスはちょっとお高いので、ロジクールのK855を買ってみました。赤軸のメカニカルです。PCを3台まで瞬時に切り替えて使えるなど機能的にはよろしいのですが、どうもキータッチが軽すぎて自分の好みではありません。

自分のタイピングスタイルは、強い・速い・不正確というものなので、K855だと隣のキーに軽く触れてしまい誤入力するケースがものすごく増えてしまいます。

しばらく我慢して使ってたのですが、ガジェット系のYouTubeチャンネル「吉田製作所Y」の動画で、ELECOMの格安キーボードが結構良いという情報を入手したので、買ってみました。Amazonで約1500円です。メンブレンの安物ですがキータッチも悪くなく、キーを底まで打たないと入力されないこともあって、逆に誤入力が圧倒的に減りました。なお、接続先PCを切り替えるなどの気の利いた機能はありません。元々は家のPC用に買ったのですが、仕事場用にもう1台追加しました。

一般にツールというものは個人に合うかどうかなので、値段とかブランドとか他人の蘊蓄とかは気にせずに自分の好みで選ぶことが重要ではと思いました。なお、マウスについては、ロジクールのMX Master 3Sを使ってます。約16,000円とお高めですが、こちらは大変快適なので変えるつもりはありません。安いマウスは自分的には辛いです。もちろん、人によっては安いマウスで全然OKということもあるでしょう。

カテゴリー: ガジェット | コメントする