アップルのスマートウォッチの名称はiTimeになるのか

アップルのスマートウォッチに関する特許出願が最近米国で登録(8787006号)されたのが話題になっています(参照記事)。なお、単なる出願公開ではなく権利化です。

image

特許の中味については別途書きますが、特許図面中にiTimeという文字が書かれていることを根拠に、アップルのスマートウォッチの商品名がiTimeになるのではと一部メディアが憶測していることから、この点について検討してみましょう。

米国特許庁の商標登録データベース(TESS)で検索するとiTimeは先出願・先登録が結構あることがわかります。Apple自身による出願は見当たりません。

image

特に昨年の2月の出願(85846977)はClock and Watchesを指定商品にしていることから、これからiTimeを商標登録出願しても権利化するのは難しいと思います。ただし、もちろん、出願人(個人です)から商標権を買い取るとか、出願自体がアップルのダミーである可能性はないわけではありません。

一方、日本を含む諸国では先にジャマイカに先にしておいた出願にパリ条約優先権を指定するという裏技を使ってiWatchが出願されているのは、このブログでも既に書きました(記事1記事2)。なので、やはりアップルのスマートウォッチの名称はiWatchが最右翼だと思います。

この特許の出願が2011年であることを考えても、iTimeというのは、当時の仮名称であって、特許図面に手違いで残してしまっただけではないかと思います。

ところで、日本におけるiWatch商標登録出願の経過ですが、今調べたら、14類(時計関係)を除いて5680592号として、つい最近の6月29日に登録されていました。

肝心の14類は分割出願として別途拒絶理由(おそらく、識別性欠如と(当ブログでも書いたように)Swatch社による先登録のiSwatchと類似という問題)に対応中になってます。

ということで、iWatchも盤石ではないですが、iTimeはもっとないんじゃないかというのが私の読みです。

関連記事:

カテゴリー: ウェアラブル, 商標 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です